特定非営利活動法人日本水中スポーツ連盟
                     広報委員会ブログ(NEWS)


               


                     

フィンスイミングの紹介

 フィンスイミングとは、足ヒレを使用して水面・水中を進むことです。 フィンには、ビーフィン(片足ずつ履く2枚フィン)と モノフィン(両足そろえて履く1枚フィン)があります。 ビーフィンは、簡単に楽しめる利便性と体が自由に使える機動性が特徴です。 初心者でもすぐ使用することができ、 水泳の4泳法のコンビネーションなら推進力は30%アップすると言われています。 モノフィンは、イルカの足ひれ様の形状をしており、 泳ぎ方もイルカと同じように体をうねらせながら手を前に出して組み抵抗を減らして泳ぎます。 推進力はビーフィンに比べてはるかに大きく50メートルを14秒台、100メートルは31秒台で泳ぎきり、 秒速3メートルを上回ります。 まさにイルカか人魚です。
足ヒレ(フィン)の歴史は、BC885年頃の古代アッシリア兵士のレリーフの中に足ヒレらしきものを履き、 水中を移動しているものがあります。 これが歴史上みられる最古の記録です。 次はルネッサンス期のレオナルド・ダ・ビンチによって「水掻き」が考案されてそのイラストが残っています。 フィンスイミングは1950年代に、スクーバ(SCUBA)ダイビングの発達とともに、ヨーロッパを中心に様々のフィンが考案され、競技会を通して改良が加えられました。1970年代には、旧ソビエトにおいて、両足を揃えて履く「モノフィン」が考案され使用されるようになりました。 これは、イルカのように全身を波打たせながら水中移動をしようとするものです。 このモノフィンの開発により、推進力は飛躍的に向上しました。 このモノフィンの開発により競技会だけでなく、 人間は水の世界でより一層、水棲哺乳類に近づくことが可能になったのです。
 
競技方法(水中スポーツの種目)
フィンスイミング
サーフィス(水面泳)
 呼吸法としてスノーケル(長さ48センチ以内)の使用も可能です。 スタート、ターンを除いて(スタート・ターン時15mまでは潜水可能) 身体の一部が水面から出ていなければなりませんが、 腕のかき方は自由です。 プールでの公認は50m、100m、200m、400m、800m、1500mです。

フィンスイミング
アプニア(息止泳)

 息を止めて一気に50m泳ぎます。顔は水面に出せません。 距離は50mのみです。

フィンスイミング
イマージョン(水中泳)

 スクーバ器材(空気ボンベ・レギュレーター使用)を使い水中を泳ぎます。 顔は水面に出せません。 公認は100m、400m、800mです。
フィンスイミング
ビーフィン(2枚フィン)競技
 国内では、フィンスイミング普及の為、大会等でビーフィン種目として実施しております。 (世界ではサーフィス種目の範疇となります)50m、100m、400m、1500mです。 ビーフィンは水中ゲームでは欠かせないフィンです。 水中ホッケー・水中ラグビーではビーフィンしか使えません。

フィンスイミング
オープンウォーター・
ロングディスタンス

海・川・湖などでの競泳です。モノフィン・ビーフィンを問わず人気のある競技です。 公認種目はロングディスタンス男・女6kmと20km、それに2km×4人のリレー種目です。このロングディスタンス種目も2年に一度、世界選手権(ユースも同時開催)が行われています。  

水中ホッケー

ミニガイド、ルール↓
08hokey_fukyu.pdf へのリンク

 ビーフィンを履いて、プールの両端にゴールを据えて、小型の団扇の様なスティックでゴム製のパッドを運びあいゴールするというゲームです。これも、息を止めている時間だけしかプレーができないので、息止め能力が要求されます。しかし、水深が浅く、足の立つところでも練習できる為、世界では急激に競技者人口が増えています。2年一度世界選手権が開催されています。

水中ターゲットシューティング

 フィンを履き、息を止めてプールに潜り水中銃で標的を撃ちます。撃ち終わったら矢を抜いて元の位置まで潜ってこなければなりません。水中バイアスロンのようなゲームですが世界には愛好者が大勢います。世界選手権は2年一度開催されています。フィンはビーフィン・モノフィンを問いません。
水中ラグビー  ビーフィンを履いて、飛び込み用プールのような水深のあるプール(3.4m〜5m)で、水中でパスのできるボールを使い、両端に置かれた網のゴールにボールを入れるというラグビーとバスケットを合わせた様なゲームです。息を止めていられる時間だけしかプレーができないので、息止め能力も要求されます。非常にエキサイティングなゲームで、世界選手権等の国際大会では水中映像を大型映像装置に映し出し、水中でのゲーム内容が観られるようになってきました。2年一度世界選手権が開催されています。

水中オリエンテーリング

 スクーバ器材を装着し、コンパス・測量機などを使用して、水中に設定されたポイントをオリエンテーリング競技のように、速く回って来る競技です。非常に知的な競技のわりに、安全のために体に結び付けられた浮き輪様のものが、水面を走り回る光景は、コケティッシュで観ていても大変楽しめるゲーム競技です。2年に一度世界選手権が開催されております。